ホームごあいさつあいとうえん紹介私のお茶の作り方茶園の今ご自宅用のお茶ギフト用のお茶急須・茶香炉川根紹介お茶を使った料理お茶の豆知識お茶飲み話リンク
お茶が持っている有効成分

日本人に長い間親しまれてきた緑茶が、見直されてきています。
日本に中国から伝えられたころは、「薬」として、珍重されました。
長い年月を経て、嗜好飲料として広く飲まれ、最近になって緑茶の効能に関する
研究が進み、がんを始めとする成人病の予防、食中毒、虫歯、インフルエンザの
予防などに効果のあることが立証されてきています。

水溶性成分(100g中)
成分名 含有量 効能
カテキン 10〜18g 発ガン抑制作用
抗腫瘍作用
突然変異抑制作用
抗酸化作用
血中コレステロール低下作用
血圧上昇抑制作用
血小板凝集抑制作用
血糖上昇抑制作用
抗菌作用(食中毒予防)
抗インフルエンザ作用
虫歯予防作用
口臭予防(脱臭作用)など
カフェイン 2〜4g 覚醒作用(疲労感や眠気の除去)
利尿作用
強心作用
ビタミンC 150〜250mg ストレス解消
風邪の予防
GABA 100〜200mg 血圧降下作用
テアニン 0.6〜1.9g
ビタミンP 340mg
サポニン 0.1%
ミネラル Mn、Znなど
フッ素 虫歯予防作用
フラボノイド 口臭予防(脱臭作用)
血管壁拡張
水溶性食物繊維 少し

不溶性成分(100g中)
成分名 含有量 効能
食物繊維 約10g
カロチン 13〜29mg 発ガン抑制作用
ビタミンE 25〜70mg 抗酸化作用
老化抑制
たんぱく質 20〜30%
クロロフィルなど

お茶の種類によるビタミンの含有量
茶種 A(IU) B1(mg) B2(mg) ナイアシン(mg) C(mg) E(mg)
煎茶 7200 0.35 1.40 4.0 250 65.4
玉露 12000 0.30 1.16 6.0 110 *
ほうじ茶 6700 0.10 0.82 5.6 44 *
抹茶 16000 0.60 1.35 4.0 60 28.2

カテキン
緑茶の保健成分の代表が渋み成分といわれる「カテキン」
これが最近になって注目を浴びるようになったのは、発ガン抑制作用があると発表されたため。
お茶の産地に住む人は胃がんの死亡率が低いということが、疫学的研究をきっかけに明らかになりました。
腸内の善玉菌を残し、悪玉菌のみに働く「抗菌作用」も注目、研究でも病原性大腸菌O−157を
通常の濃度の緑茶に漬け、5時間後には細菌が死滅したという結果も発表されています。
ビタミンC
比較的熱に強い緑茶のビタミンCは、レモンの約5倍。
その働きは広く知られる「美しいお肌の維持」のほか、風邪の予防や老化を防ぐ抗酸化作用、
さらにストレス解消にも役立っています。
フッ素・フラボノイド
お茶に含まれるカテキンやフッ素などの成分が、虫歯の主な原因となる口腔内細菌
の増殖を抑えているといわれています。
また、お茶に含まれるフラボノイドは口臭予防、消臭に役立つといわれています。
カフェイン
お茶に含まれるカフェインは、判断力や記憶力を高める働きがあることをご存知でしたか?
気分をリフレッシュさせて、集中力を高めるためには最適な飲み物です。
また、脂肪代謝を促進する働きがあるので体脂肪を減らすためには、運動の前後にのむと
より効果的です。

ご自宅用のお茶のお買い物へ ギフト用お茶のお買い物へ 急須・茶香炉のお買い物へ