☆ もう1万人以上の方が飲用されているという「天仙液」とは...


中国初の認定

抗ガン漢方薬

中国一號天仙液
 

発明者

吉林省抗癌協会

長白山薬物研究所 所長

王    振 国



10cc×6本入
 

中国一號天仙液の主成分

中国一號天仙液の治療効果

中国一號天仙液とは

服用法と治療法

服用による回復・効果の臨床例

ご注文方法

天仙液関連の書籍があります

※「天仙液」という名称は、中国国内流通用です。
※輸出用の天仙液の名称は「天仙活力源口服液」です。

中国一號天仙液の主成分
1200種類の薬草を選別し、最終的には60種類から30種類に、そして10数種類まで絞り込んで、天仙液は生まれました。

しかし、ここにある15種類の成分は、天仙液の95%を占める成分です。そして残りの5%は公表していません。

なぜなら、時として漢方新薬はニセモノが大量に出回ることがあり天仙液を信じて使用された患者を、絶望の淵に落とす事があるからです。

ですからこの「5%の成分」は国家的機密となっております。 
95%の主成分は以下の通りです。

熊 胆 2.5%、麝 香 2.5%、人 参 10%、珍 珠 2.5%、黄 耆 10%、

龍 葵 5%、氷 片 2.5%、白 朮 5%、天花粉 5%、威霊仙 5%、

白花蛇舌草 15%、青 黛 15%、女貞子 2.5%、甘 草 2.5%、

猪 苓 10%

これらは、熊胆・麝香以外すべて、新鮮な長白山の薬草を採取して精製しています。なぜならば、新鮮な薬草を使用して60%の効果があったとしたら、乾燥したものはその半分しか効果があがらないからです。

また、熊胆に関しても従来の漢方薬では死んだ熊から取り出して乾燥させていましたが、天仙液の場合は研究所で熊野牧場を持ち、約200頭の熊から生きているまま直接採取しています。

中国一號天仙液の治療効果
1.ガン細胞の増殖を著しく抑制する効果があること。さらにガン細胞を縮小  し病状の進行を停止させること。

2.ガン独特の症状(疼痛、食欲減退、血便、吐血、燕下不能など)を軽減し  体力の回復をうながすこと。

3.身体の免疫機能を増強させ、ガン細胞に対する抵抗力を高めること。 
  副作用(毒性反応)がみとめられないこと。

4.放射線療法、化学療法との併用でさらに高い効果が得られること。

5.単独で投与する場合も従来の治療法よりはるかに高い有効性を持つこ   と。

以上が天仙液の主たる治療効果です。臨床実験の結果、世界中で40万人に対する有効率の結果から得られた天仙液の重要な特徴であると言えるのです。

中国一號天仙液とは
中国に「ガン」と闘い続ける、ひとりの医師がいます。

彼の名は「王 振国」。

彼が生み出した漢方生薬による抗ガン新薬「中国一號天仙液」は、その有

効率とともにこれまでのガン治療における最大の難問であった「副作用」が

全く見られない治療薬なのです。

中国政府の指導のもとに行われた中国全土での臨床実験、アメリカ国立ガ

ンセンターにおける臨床実験、それぞれで驚くべきことに、現代の最新医療

では見放された末期ガン患者に対する有効率が80%以上、副作用ゼロと

いう結果が現れたのです。

彼は、中国各地を渡り歩き私財を投げ打って集めた民間処方は優に4000

を越えていました。しかし、これらの民間のガン治療の処方は集めるだけで

は全く意味がありません。彼は、そこに書かれた約1200種類の薬草を分

類し、最も効果的な配合・処方を生み出しました。

「中国一號天仙液」は、様々なガンに高い有効性(80%)を持っています。

純天然漢方薬によって作られたこの薬は、ガン細胞を殺すとともに正常な細

胞の抵抗力を高め、ガン細胞の増殖・再発を防ぎ全く副作用が見られないと

言うのが大きな特徴です。

また、アンプルのため即効性と血液による吸収で、全身を循環してすべての

ガン細胞に効果が現れます。 
 
 

「邪気を駆除して正気を傷つけず          

       正気を立たせて邪気を扶助せず」

漢方の基本とも言うべきこの言葉は、天仙液の基本であります。

服用法と治療法
天仙液の治療法の特色は、28日間・4週間をひとつの周期として服用しま

す。この28日間を治療の一単位とすれば、最初の一単位で平均して病状の

好転が認められ、四単位から七単位で平均してガン細胞は抑制され、縮小

します。

1日に於いての服用量は一回につき10ccをお湯でうすめて、毎食後30分

位で3回と就寝前に1回が標準的な方法になります。更に時間を午後3時、

翌午前3時と設定すると、より効果的になります。

なお、28日間服用しましたら3〜5日間あけてから、また服用してください。

これらの単位、服用量はもちろん数千、数万回におよぶ研究、実験、臨床効

果から計算されたものです。この服用法によってガン細胞を直接殺傷・消失

させ、全身の免疫作用を高め、細胞の基礎力を充実させ、ガンを含む全て

の病気に対する抵抗力を高めていくのです。

○ 初期ガンの方 ・・・・・・・・・1日40cc服用

○ 中期・末期ガンの方 ・・・・・1日60cc〜80cc服用

○ 再発防止の方 ・・・・・・・・・・1日20cc服用

○ ガン予防の方 ・・・・・・・・・・1日10cc服用

服用による回復・効果の臨床例
 
年齢・性別
職業
病 名 ・ 症 状
経 過
40才女性 医師 中期肺ガン 
肺の疼痛・食欲減退
服用後1週間で食欲回復
約3ヶ月後体重が4kg増えて57kgへ
70才女性 無職 末期食道ガン 
約3cm×4cm大の腫瘍が食道閉鎖
服用後3日で流動食摂取可能 
20日後腫瘍減少 
46日後X線検査でほぼ消失
54才男性 会社員 潰瘍型胃ガン 
約3cm×4cm大の腫瘍 
毎日血便2〜3日おきに吐血 
胃の疼痛、食欲減退、体重減少
服用後1週間で吐血、胃痛停止 
20日後血便停止、60日後のX線検査では潰瘍が縮小 
約1p×1.5p大へ 
体重も65kgへ回復
59才男性 労働者 直腸ガン 
約2cm×3cm大の腫瘍 
毎日多量の血便 
下腹部激痛・体重激減
服用後1週間で血便停止 
1年後体重も6kg回復 
3年間で腫瘍は約1p×1.5p大へ減少
76才女性 無職 直腸ガン 
毎日3〜4回の血便 
食欲減退、体重減少
服用後2ヶ月で血便停止 
3ヶ月後腫瘍は固定化 
X線検査では病状進行停止
先頭へ
■週刊ポストから記事抜粋

■一通のお手紙を頂いております

お問い合わせ

詳細など天仙液にご興味のある方はメールください。

前にもどる

ご注文方法